MENU
archive

列島真ん中周辺を巡る旅 ① 〜長野

先日長距離ツーリングに行ってきました。

日記にも書いた通り、最初に西か北か迷っていたのですが・・・次にロングで東北及び北方面を走る時は日照時間が長い時がベストだと思っているのもあって、結局西方面に決めました。

久々に西方面へ行きたいなぁ〜

なんて自粛期間中にも思ってたから。西は西でも何処というのもなく、何となくぼんやりと・・・

今回は観光地を巡ったりではなくぷらぷらと走ったり、興味があった峠道をただ走ってみる。そんな気ままなツーリングにしたいのもありました。なので凡そのルートを決めるのは前日のみで、宿も前日に探す。道中そんな感じでした。でも前日の宿では酒飲んだり、眠かったりでルートをきちんと決めるどころじゃなかったりでしたけど汗

それと日没も早くなって走る時間も限られてきました。17時過ぎればもうかなりの暗さ。また期間中は雨にやられて思ったより距離も走れなかったり、案の定お約束の通行止めにあったりetc…

色々と思うようにいかないものですね( ̄▽ ̄;)
ま、それが旅の、ツーリングの醍醐味なんですがね〜〜

ちなみに西のツーリングスポット的なのは、ほぼ寄らずです。見返すと何かよく分からないルートになりましたが、走ってきたルートはツーリングの最後の記事でGoogleマップで見れるようにしますね。

CONTENTS

スタートは埼玉県から

本来は初日に一気に福井県に入る予定で、既に鯖江市にあるビジホの予約を取ってました。

ですが福井まで行くとなると、最低でも夜中に出発しなければならない。もしくは高速を一気に走るか、ひたすら国道メインで行けばラクに着いちゃうけどそれではつ〜まらぁ〜〜ない〜〜〜。今回は高速をあまり利用したくなかったのです。

自分のペースだと下道で一気に福井入りするのは可能だけど、毎回夜明け前の出発で常に寝不足状態で走ってるので、たまにはゆとりのある出発にすることにしましたよ💧

先は長い。若くないので無理はないように( ˘–˘ )ノ

よって贅沢にプラス1日。間を挟んで乗鞍のお気に入りの宿に泊ってスタートすることにしました。それで予約の電話入れたら、その日は朝早く病院行くから予約取ってないと女将さんに謝られちゃいましたが。。_( :⁍ 」 )_ガーンしょうがないので同じ乗鞍の沢渡(さわんど)温泉の格安宿を予約。

よく寝て朝ごはんをしっかり食べて・・・旦那に見送ってもらってゆっくり目の10時半出発。
やっぱよく寝ると元気だー*(^o^)/*

ここは埼玉比企郡小川町の農道。関越道の嵐山小川ICから降りてスタートしました。高速料金1,020円!よし!いい感じだ・・。とにかく道中、移動マネーがかからないようにします。

さぁ松本市、乗鞍周辺までテキトーにトコトコ下道で参りますよ。

ってもう11時半だけど暗くなる前に間に合うかな(^^;)

よく走る埼玉r13、杉ノ峠で神川町入り。峠と言っても平面の単なる二車線の道路。くねくね走れるのはいいけど、この道はちょっと車が多いですね。まだまだ先は長い〜

とりあえず佐久市辺りに出たいのですが、ルート的にはR299十石峠かぶどう峠、田口峠越えが理想だけど、残念ながらまだまだ通行止め状態。通行止め長いですねぇ。

しょうがないのでR254経由で向かいます。

そのまま峠を降りて群馬入り。藤岡市まではあっという間ですなぁ。群馬の南部の端っこですもんね。

下仁田でお馴染みのR254に出ました。R254と同じ西へ向かう道なら群馬r43も良い道ですが、たまにはその先のr44、荒船風穴経由で行きます。

群馬県道・長野県道44号下仁田浅科線

荒船風穴のある右の道へ〜〜

・・・と進んだら交通規制で通行できず!R254に強制的に戻されました💧マジで〜知らなかった。

車列に並んで淡々と走るのも・・・飽きる!意地でも国道を抜けます(^^;
ここから右折。

あーー!やっと車の列から解放!
とはいえいずれまた車の多いところにでるんですがね💧旧道R254から群馬r44へ。

遠くに見えるは荒船山。紅葉も少しずつ色づき始めてますね。

あ、路面崩壊・・・

乗馬してる人発見〜馬乗り〜

私も鉄のお馬さんに乗ってる〜

・・・乗られてる?(@ ̄ρ ̄@)

浅間山に雪被ってます。しかもシャキーンと真横に。

千曲ビューライン

無事に長野入り。

千曲ビューライン(千曲川左岸広域農道)ヽ(´▽`)ノ♪
小諸から上田まで続く、東から西に移動するには便利な農道!

久しぶりにばびゅーんと走っていきます。

ビューライン快走〜!そしてこの晴天!ツーリング中、このままずっと天気良ければなぁ。。
でも期間中、関西の天気予報で傘マーク☂️が2日間も。その内の1日が既に100%の雨予報であることを知っている・・・(‘A`)

既に影が長い。明るいうちに乗鞍に間に合うか〜〜

R143→安曇野市

千曲ビューラインを完走し、r82へ。そしてR143で安曇野市へ入り、R185で乗鞍へ。

車の少ないうねうね道路のR143。とことこのんびり青木峠越えします。
いや、のんびりしてる場合ではないか(๑¯∇¯๑)

あ、このブログだと国道メインで走るのは確かに避けてそうに見えますが(^^;)それはあくまでトラック街道や幹線道路であって、車の通りがグッと少なくなる山岳国(酷)道は好きなのですよ。

R143も走り終えたらもう日が陰ってます。。日没が早い。真っ暗なR158走るのか💧あそこは夜でも観光バスやトラックがびゅんびゅん走るからなぁ。

ひえー日が沈んだ💦もっと早く出ればよかったかしら。

いつも利用しているセブン波田赤松店で酒とつまみを買い込む。
この先安房の峠を越えても暫くコンビニがないのも知っている
(@ ̄ρ ̄@)

沢渡温泉の宿を目ざして真っ暗なR158を突っ走りました。

それにしても・・・けっこー寒い!10月下旬とはいえ上高地・乗鞍周辺は寒いというのを忘れてました汗

さわんど温泉 温泉山小屋 ともしび

ライダーハウスも併設してるので、もしかしてご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。調べたところ1泊1,100円で、安っっ!と思ってよく見てみたらライダーハウスの方で、一般の個室の方は入湯税含め3,630円でした。

昔はドミトリーや雑魚寝でも構わなかったけど、もう他人と同じ部屋で寝るとか気を使うし神経使うし疲れるしで無理ですわたくし。とにかく独りになりたい。よって高くなるけど個室選択にしました。

ただ嬉しいのは24時間いつでも何度でも温泉に入れること。群馬の沢渡(さわたり)温泉は入ったことあるけど、長野の沢渡(さわんど)温泉は初めて。読み方は違えど漢字は一緒で紛らわしいですが、どんな温泉か楽しみです。

普通の和室です。しかし暖房つけるなら別途500円。え、別なの?!と払うか一瞬迷ったけど「温泉入って体温まれば大丈夫だから!」と宿のおばちゃん。

まずは夕飯前に入って、寝る1時間前にも入って、朝起きて入って計3回。前にも書いたような気がしますが温泉宿に泊まる時は大抵はこのパターン。

それに温泉は半露天で雰囲気もなかなか良い感じだ〜!

天井はトタン屋根でサイドが吹き抜けになってて男湯と繋がっています。男湯の会話がもろ聞こえるくらい。既に誰かがいましたが声からして高齢者っぽい。

高齢の爺さん団体客が隣の隣の部屋に泊まってるのは知ってたけど、ちょうど私が入ってる時にそのお客様の一人かなぁ。入れ違いで男湯に入ってきたらしく・・・

お湯に浸かった時にあまりの気持ちよさだったのか

カッ・・はーーーーーーーーーー!!

なんて言う爺さんの声が響き渡ってビビったw

湯上がりにちょっと調べてみたのですが、お湯に浸かる時に声を出す人の約85%は50歳以上で、特に男性に多いという調査結果もあるようです笑。声が出ちゃうのはどうやら湯温に関係しているらしく、気温、体温とお湯の温度の差が大きい時は、瞬間的に筋肉が緊張するためお腹の底から声が出ちゃうらしいですよ。

ってどうでもいい豆知識かな(๑¯∇¯๑)

温泉分析書は暗さのせいでよく写らなかったので割愛。肝心な泉質は単純温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)。源泉かけ流しです。暗くてわかりにくかったけど色の濃い湯の花がちらほらと見えました。湯温もちょうどよく適度に長湯できて、冷えた体には程よく温まったのがよかった。

にしても、寒い!!上高地の玄関口、沢渡温泉。温泉上がって1時間したらもう寒いとか!

暖房費払えばよかったかしら・・・やや後悔しながらも(^^;)酒を飲む前にまた温泉入って。それから眠りにつくことにしました。

朝起きて入った時に撮った画像。明るいとまた違う雰囲気に感じますね。

出発前に体を温めないと・・・。

貰ったチラシ。口コミによるとスキヤキが美味いだそうな。食べればよかったなぁ。

マスツーとか皆で泊まるならライダーハウスの方でいいじゃないでしょうか。シュラフがなかったら布団代かかるけど、それでも安いし。個室2000円で泊まれるらしいけど、この情報はネットには載ってなかったなぁ。まぁいいかな。

初日はこんな感じです。まだ先は長いです。

旅の先がまだまだ長いって、なんだか幸せーー!

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

この記事を書いた人

食堂・侘寂温泉・走って楽しい道の三点三昧ツーリングをしてる女ソロライダーです。

guest
8 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
CONTENTS
閉じる