四国 3日目 ❶

 

今日は四国最南端と最西端へ。けっこう駆け足な日になりました。

ところで先に話してしまいますが、今回の四国東西南北端。

印象深さ、道のりで楽しかったのは

最西端>>>>>>>>>>最南端>最北端>>最東端

って私的にはこんな感じです。

ぽつんと味わい深かったのは最北端。最南端は観光地なんですが向かうまでの楽しさ?それぞれ味があるのですが、それなりに苦労を伴う方が思い出深いんですよねーということで前置きはおいといて・・・

 

四万十川の沈下橋

 

3日目。朝5時半近くに出発~。ずーっと南下して足摺岬へGO。

それにしてもツーリング中は酒は飲みつつも・・・9時頃には寝て4時過ぎ起きという、早寝早起きでめっちゃ健康的になりますなぁ。でも流石に疲れが溜まってるのか顔がちょっと浮腫んどる。。
化粧のノリもイマイチなのよね。

四万十川沿い。

んーーーー早朝の空気って澄んでるし、いいよね~
ツーリングはこれがたまらん。

最初に来たのは岩間の沈下橋。
佐田の沈下橋も有名ですが時間的なこともあって今回はここのみ。

この沈下橋は沈下橋を渡って、折り返ししなくてもそのままR441に戻れると聞いたので早速渡ってみる!

ライダーハウスのオーナー曰く先に画像の♡地点から全体の写真撮って、それから戻って沈下橋を渡るのがオススメとのこと。しかしうっかりしてそのまま渡ってしまった。。

こういうのは、バイク乗りは撮るよねーー

けど撮ってる間、軽トラを待たせてしまいましたよ💧ヘルメット被ったままだから気付かなくて💧すいませ~ん、とそそくさとその場を立ち去りました笑

ちなみに四万十川沿いの道は狭い道が続きます。
車の後をそれなりにくっついて走ってしまうと、車同士のすれ違いも出来ないところが所々あって前の車がバックするもんだから、私も2回ほどバックせざるえないことになった。。(恥)

見通しが悪いのでスピード出しすぎると危険。

足摺岬

 

R321をひたすら走り。。足摺岬へ!
ご存知の方には言わずもがなって感じですが、最南端の足摺岬に向かうには3つのルートどれかで行けるのです。

どうやら①の海沿いか②のルートがいいらしく。
ところで①は入るのにすごく分かりにくく最初通り過ぎちゃいました笑
もちろん引き返したけど、一車線な上に看板にすれ違いできないとか書いてあって(?!)しかもその時向こうからトラックが来て、怯んでしまって諦めちゃいました。

とりあえず①の海沿いルートは残念。こういうこともあるよね~
②は・・・うーん。。まぁ、普通かな💦
②の足摺スカイラインはなんつーか楽しくなかった。。

スカイラインなんて大げさ?地味に時間取られるので急ぎの方はあまりオススメしないかも。
景色は無いようなもんで、かといって走りを楽しむまでの道でもなかったような。こればっかりは人それぞれなので、是非是非時間的余裕あったら走ってみるのもありかと思いますね。

着いた〜!!足摺岬!なんかいきなり南国な雰囲気。

灯台には登らず(。•́︿•̀。)

四国最南端

やったーーー最南端*(^o^)/*
しかしここは有名なのか、人もそれなりにいましたよ。
それにしても天気がよくて、10月下旬なのに背中にじっとり汗をかいてました💧

ジョン万次郎資料館いって『四国最南端証明書』貰ってきましたよ。
まさか貰うのに入場料払わなきゃあかんのか?と思いきや、カウンターで普通にくれて証明書に日付のスタンプを押してくれました。

このあとは足摺サニーロードを走り柏島方面へ。
ちなみに③のルートもスムーズで悪くないけど、道の楽しさで言えば①だったのかもしれない。
海が間近というよりか、所々海が見えるという感じでした。

一切という休憩所があってそこから柏島をみて、少しのんびりしました~
柏島は海がめっちゃ綺麗見たいですが、時間なくまたも諦め。。

まぁ島には行けなくても外から眺めるのだけも悪くない!

つーことで、景色を満喫するにはなかなか良い所です。

このあとは北へ向かって佐田岬半島へ。。
この一切休憩所のとき時間は午前11時頃。

しかし思ったより距離もあるし、四国最西端まであんな先っちょだし、しかも最西端の灯台まで歩くみたいだし。たぶん、、つーか絶対時間取られそう。。時間なくね?

ということで佐田岬半島まで飛ばしました!

途中の海沿い。端に黒いのが写ってしまった。

海沿い、いいよね~

『道の駅 みしょうMIC』で道の駅らしからぬ雰囲気のレストランで腹減りすぎて昼メシ。

カレー美味かったぁ。
ところでみしょうMICって不思議な名前。
なんの意味でしょ?

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA