“奥房総”お気軽散策touring 温泉編
【亀山温泉ホテル】

更新するのをすっかり忘れてました😅今更ながら投稿します……汗

昼の12時過ぎ、ちょうど亀山ダムを通り過ぎるタイミング。せっかくなので前から入ろうと思ってた亀山温泉ホテルの温泉に寄ることにしました。

亀山温泉ホテルは千葉・房総半島では知られる老舗の温泉ホテルですね。チョコレート色の美肌の湯として四季折々の湖畔の風情が楽しめる宿として人気みたい。

温泉に興味なくてもバイクで房総半島走ってれば、大抵は近場を通った、もしくは名前くらいは知ってたとかそんな感じでしょう。

今回なぜ訪れたかと言いますと、お気に入りの乗鞍の宿に泊まった時に出会った、勝浦に住んでるという老夫婦に勧められたというのもあるんですね~。

とりあえず邪魔にならないところに止めて…

亀山湖畔に佇む昭和5年に開業した鉄筋3階建ての温泉宿。さぁどんな温泉なんでしょうか。下調べはろくにしてません。

バイク走って冷えた体を温泉で温める♪これもツーリングの醍醐味!楽しみぃ~

料金は大人1,000円。結構強気なお値段です。でもまぁ、そんなもんでしょうか。

玄関口入ってすぐ近くにあるショーケース。象牙、そして壁には亀の剥製!

象牙なんて規制の対象だし、亀の剥製もあまり見なくなりましたね~。水晶といい飾り物に昭和の時代を感じさせます。笑

昭和感満載のロビーは平日なのもあって非常に静かでした。古いですが綺麗にお手入れされていて温泉入ったあとは心地よく過ごせそうです。椅子のデザインとか時代を感じさせますね笑。

土日はもっと人がいるのでしょうか。気になるところです。

女湯のこじんまりとした脱衣所。かなり狭い感じでしょうか。

ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(アルカリ性低張性低温泉) 26.2℃(気温 24.0℃) 溶存物質2.70g/kg 成分総計2.70g/kg

館の主人か女将さんが書いたものでしょうか。ロビーの通路に温泉ソムリエの証明書が貼ってありました。

そういや私も温泉ソムリエの端くれですけどあまり知識を活かせてません💧分析書の読み方は多少覚えたのですが・・・いずれちゃんとしたテスト受けて本格的な証明書が欲しいんですよね。勉強しなきゃ💧

では入りま~す・・・

おや、想像してたのよりこじんまりとしてるような。看板にあった写真のイメージかとても狭く感じます・・・

露天風呂はなく内湯のみですね。ちなみに温泉宿なので最低限のシャンプー類とボディーシャンプーがちゃんと置いてありました。

とりあえずバシャバシャ掛け湯して入ります。

しかも誰もいないぞ~‼️貸切やったね(*º▿º*)

こちらのタイル張りの丸い小さな浴槽に手を突っ込んだら冷たかった。分析書によると温泉の温度も26.2℃だったので源泉そのものでしょうか。真夏に入ると気持ちよさそう!冬はサウナ後じゃないと寒そうだけど…💧

それとほんのりと硫黄臭がしました。千葉で硫黄臭する温泉は珍しいんですよね。亀山温泉ホテルから近い七里川温泉も硫黄泉で同じように匂いましたけど、土地的に泉質は近いんでしょうか。

まさにチョコレート色の天然温泉。ちょっと見えづらいけど湯の花が舞ってます。透明色の茶色で浅い所は透けてますが深い所(足の辺り)は見えないですね。

湯温も42.5℃くらい。真冬の今にはちょうどいい湯加減でしょうか。

しかしお湯は期待以上にとても気持ちいいのです‼️

なんていうかヌルヌルしてつるつる感があって、手で腕を滑らすとぬるーんとします。なんかすご~く気持ちよかった。

湯温も適温でちょうどよい感じでしょうか。肩まで浸かって温まったら出て冷めたら入って。そんな繰り返しで30分は入ってました。

なお
なお

♬︎いい湯だな (ハハハン) いい湯だな (ハハハン) 湯気が天井からポタリと背中に つめてエな(ハハハン) つめてエな(ハハハン)♬︎
(←古い)

やはり看板の写真は男湯の方でした。女湯はかな~り狭いので、同じ1000円というのだけちょい納得できませんが😅

最新の施設は変わらないけど、昔からある温泉宿は男湯の方が女湯より大きいパターンが多いですね。旦那と一緒に温泉宿行って、入ったあとに浴室内の様子を聞くと男湯の方が広い…なんてことは多々あります。

これは男尊女卑の時代の名残なのか…?なんて思ってしまいそうですが、どうやらそうではないみたいです。

昔、温泉地が観光地でなく湯治場だった頃、温泉は基本的に混浴だったんですよね。男湯が広いのはその名残だそうです。なので狭い女湯は当時女性専用のお風呂として別に用意されたものなので、決して男尊女卑ではない、とどこかで読みました。それに男湯の方が広い温泉宿は湯治場の名残りであると言えるので、温泉そのものの質が高い可能性があるみたい。へぇ~って感じですよね。

まぁ泉質は変わらないし別にいいやと。気にしちゃいられません笑。それより広さなんかより写真で男湯の方が鄙びていい感じの雰囲気だと「ずるい!」と思うことはあります笑。

湯上りは自販機でコーヒーを!『テルマエ・ロマエ』のルシウスが…笑

いやー気持ちよかった!房総半島来たら一度くらいは行ってみてもいいかもですね。とてもいい湯でしたよ🎶

つーことで亀山温泉ホテルでした。

おちまい。

  • URLをコピーしました!
CONTENTS
閉じる