炒飯と温泉 【 百観音温泉 】

バイクでお散歩がてら、以前から行こうとしてた埼玉の久喜市の温泉に行ってきました。それと先月の平癒祈願で行田市に行った時に、走ってる最中ちょっと気になったお店を見つけたのでお昼に寄ることにしたのです。

お腹いっぱい美味いもの食べて温泉に浸かる・・・
日常のささやかな幸せなのであ〜る。

めんはうす健


Googleストリートビューから

ふと目に入ったのはこの黄色い外観に手作り感満載の屋号のみのシンプルな看板。そして入口に招き猫の石像。

見るからに古い店や中華料理店ではないけど、ちょっと個性的な店構えのお店も気になってしまうもの。しかもお店をちょい調べてみたら炒飯メインのセットがあるじゃないですか。ここに来ると決め手になったのはこれ!

中華屋さんらしくメニューはとても豊富ですね。定食や”やたいラーメンセット”も気になりましたが、食べたいものは既に炒飯と決まっておりました。そしてお店の炒飯メニューの種類の豊富さったら!

そうです。どうやら今現在私の中では炒飯がブームなのです。

それにお腹空いてる時にラーメンと組み合わせの”ラーメン半チャーハンセット”的なお得なセットがあると、どんなに他のメニューが美味しそうでもついセットものが食べたくなる食いしん坊万歳な私。太る〜!

大抵はラーメンのセットメニューとしておまけで付いてくる炒飯ですが、ここはラーメン半チャーハンはなくチャーハン半(ミニ)ラーメンセットメイン。メニューをよく見ると炒飯のセットにはラーメンがつくが、何故かラーメンのセットは全て白米。ということはお店の炒飯に対する本気度が伺えます(?)。

せっかくなので炒飯が主役の一番高い”特製チャーハンセット”にしました。

料理が出されるまで暇つぶしにスマホを見てるのもいいですが、せっかくカウンターに座ったのであれば、カウンター越しで一生懸命料理をしている料理人の姿を怪しくない程度に眺めてるのも、楽しい待ち時間に変わります。

ぼ〜っとして待つのもいいけど、わくわくしながら出てくる料理を楽しみに待つのが私の流儀(大袈裟)。飲み屋だとお酒飲みつつ一品料理を待つひと時もいいですよね。

”待ってる間も馳走のうち”

店主であろう方の鍋返しをしている後ろ姿を見て「炒飯まだかな〜まだかな〜🤗美味しいだろ〜なぁ」と期待に胸を膨らませるのです。

お、皿に炒飯盛ってる!出来た!
「おまたせしました」

待ちに待った”特製チャーハンセット”が目の前に置かれました。

待ってましたーーーーー!°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

八角皿にまるっと丸く盛られてレンゲが添えてある炒飯もいいけど、普通のカレーパスタ皿にざっくりと盛られる炒飯も家庭の炒飯っぽくていいよねぇ。

炒飯のパートナーといえば中華スープだけど今回のパートナーは立派なラーメン。血糖値が一気に上がりそうな組み合わせなので、付け合せのサラダから召し上がりましょう。ちなみにまだ揚げてる最中か写真ないけど餃子🥟🥟🥟3個もあとから付いてくるのですよ。ԅ(¯﹃¯ԅ)

1150円はまあまあ高いと思いますが、このボリュームでしたら十分です。主役にも脇役にもなる懐の深い炒飯ですが、今回はまさに主役。ラーメンより主役です。
中華はラードも入ってるし油たくさん使ってて気をつけないとほんとに太るよと同僚の忠告は今日は無視します。カロリーもハンパなさそうですが今日は無礼講。カロリーのリミッター解除をします。

この彩り!食欲をそそりますね〜。
しかも…う、美味ーーーーーい!!そして目閉じて炒飯を味わう…至福…!

それとこの炒飯はぱらっというよりか、ふんわり、ちょっとだけしっとりした炒飯ですね。炒飯の味にそれぞれ好みもあると思いますが、私はどちらも好きですね。

どの炒飯もお店によってほんと個性があります。付け合わせも盛り付けも、ご飯のパラっと具合も具材も様々。実に奥が深い炒飯の世界…

うぅ、食い過ぎた。。。。

なお

めんはうす健

◼️ 〒361-0054 埼玉県行田市城南6−5
◼️ 048-554-7729
◼️ https://www.collagekids.nl/hpu7mizusasinetsaitama/
◼️月火定休日 11時00分~14時00分 17時00分~21時00分

元から炒飯が美味いと評判が良いみたいで当たりでした。
いやー満足!ご馳走さまでした♪

お腹苦しいあとに入浴はまずいのでは・・・と頭過ったけど、目的の温泉まで約23km離れてるし、着替え含め最低45分以上は開くからまぁ大丈夫でしょう。

百観音温泉

はい、お腹を満たしたあとは温泉へ入ります。
埼玉の久喜市にある百観音温泉。有名ですがずっとノーチェックでした。

自噴の湯をかけ流し、首都圏の日帰り温泉で屈指の泉質を誇る──────────。そう聞くと一端の温泉好きとしては気になるものです。

しかも百観音温泉は日本温泉協会が最高評価を下したお墨付きの湯だそうですね。制度は無くなったとはいえ、全てにおいて最高ランクがついた温泉施設は日本全国でも十数カ所しかないらしく、日帰り温泉ではかなり珍しいそうですよ。

そんな温泉がまさかの埼玉県にあるとは〜!とは〜!とは〜!(エコー)
しかも秩父とか山奥ではなく久喜市。どんな名湯かちょっと期待してしまいますね。

フロアは結構広く、1階は温泉、2階は休憩処に貸切部屋。
お風呂は二種類、”阿弥陀の湯”と”菩薩の湯”で男湯女湯を2週間ごとに切り返してるらしい。今回女湯は阿弥陀の湯でした。

脱衣場も年季を感じるとはいえ清潔で綺麗ですね。平日の昼過ぎなのか、地元のおばあちゃんばかりでした。

「・・・む!こ、これは・・・!!なんという名湯・・・!」

なんて入った瞬間すぐ分かるほど私は温泉のプロでも何でもないので上手く伝えられませんが、最初に内湯に入った瞬間に、お、なんかいい温泉に入ってる?!とすぐ実感できたくらいないい湯なのですよ。独特な匂いがある褐色のお湯、ぺろりしたら塩辛く温泉なんちゃら成分の濃度がなんだか濃さそうな良い泉質なのは素人でも分かるくらい。

なんか濃そうな感じがしません??

なお

いい湯だな〜〜ふにゃ♨️

炭酸泉にも入りたかったけどばあちゃん達がずっと占拠してて入れなかった(๑¯∇¯๑)

もらってきたチラシ。

こんな感じに一見どこでもあるスーパー銭湯みたいな造りなんですが、露天、内湯はもちろん寝ころび湯もジャグジーも全て褐色湯で塩辛い・・・それにサウナの後に入る水風呂もかけ流し。

つまりは贅沢にぜ〜んぶ温泉なのです。
言うなればスーパー銭湯本格温泉♨️なのです。

温泉分析書。ナトリウム-塩化物強塩温泉(高張性・弱アルカリ性・高温泉)
湧出量 2,250ℓ/分 源泉温度57.3度

ゆっくりしてこうと思ったけど近くの人のいびきがンゴぉぉぉお〜と煩く笑 早々に出て行きちゃいました。

温泉の敷地内にある神社の前で。
埼玉の市街地にある本格温泉『百観音温泉』。近くに来たら是非。炭酸泉入りそびれたし、機会あったらまた来たいな〜。

あまり長距離走る気分ではない時に、目的持ってバイクでさくっと出掛けるのも十分気分転換になります。まさに”お散歩グルメ温泉ツーリング“ですね。

百観音温泉
◼️ 〒340-0206 埼玉県久喜市西大輪2丁目19−1
◼️ 0480-59-4126
◼️平日 8:00〜23:00 800円 土日祝6:30〜23:00 850円
◼️定休日 毎月第3火曜日

コメントを閉じる

2 COMMENTS

うさぎ(°∀兎)

こんばんは\(°∀兎)

熊谷バイパスは頻繁に通りますが…

こんな良いお店があったんですね‼️
しかも炒飯の種類の多さ(笑)
梅炒飯が凄く気になる…
他の炒飯はどこかしらで食べたことあるけど梅炒飯って…えっ、梅炒飯…。

最近は専門店も多いですが(美味しいですが)、こんな感じの個人がこだわってやり続けてきた店の方が良いですよね♪

私の住み処から『あっ、食べたい、行こ』って思ったらすぐ行ける所なので食べに行ってきます。
ってか今週末行ってきます(°∀兎)

返信する
nao

うさぎさん、どうもです〜(○´∀`○)
先月行った神社の近くで、神社も行かなかったら発見できなかったかもです〜。
そうそう、魅力はチャーハンのメニューの種類の豊富さ!梅炒飯も気になりますよね!どんな味ー?!私はピリピリチャーハンも気になるのですが笑

近いですか?なら、ぜひ!今週末と急がなくてもいつでも( ‘-^ )b
安定の食堂の炒飯って感じですよ(*☻-☻*)♪
味わいに行ってください〜

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA