群馬県道・長野県道124号『ぶどう峠』

去る6月10日、天気も良かったので、群馬方面へバイクで向かいました。

秩父からR299に入り小鹿野を通り過ぎ志賀坂峠を超えて、群馬県上野村へ出てぶどう峠から長野へ入って田口峠で群馬へ戻るというルート。

とてもささやかなルートでございます。
とりあえず最初に走行したぶどう峠を走った感想など。珍しいルートでもなんでもないけど、峠越えてのひとつの記録として残しておきます。

久々にこの辺に来ましたー。
上野村焼肉センターを通り過ぎR299から、途中群馬r124へ向かいます。

R299から左に逸れ小さな橋をわたり、細い道を進んでいきます。

ちょっとした民家もある狭い道を通って……

そこそこ広い道に出るのですが、さっそく落石とかの警告表示が出てきます。

御巣鷹山とぶどう峠の分岐点から道路標示通りにぶどう峠に入り、暫く山道を走っていきます。

中ノ沢林道との分岐点。
中ノ沢方面は閉鎖中になってました。つーか行き止まり……

ぶどう峠は冬期にはここで閉鎖されるようです。
冬期閉鎖ゲートになるであろうここから本格的に上っていきます。

九十九折のヘアピンカーブや、くねくね道を通っていきます。
道の状態があまり良くはないところもあるけど、比較的走りやすいです。カーブの端っこにある砂利や落葉に気をつけてれば問題ない感じ。

ああ、いい感じです。気分良く走れてます。

ごっつい岩肌の傍を走り抜けます。岩と緑と青空とのコントラストが綺麗。

走行途中、カーブを抜けた手前道路をさっと横切る動物が・・・・・猿に遭遇しました。
こちらをじっとみたからやぁ(* ̄▽ ̄)ノと手を挙げたら逃げちゃった笑

そのまま走ってると途中道の左側にスルーしてしまいそうな、小さな社があってちょっと停めてみました。

左の案内板を見たら前方御巣鷹山と書いてあります。
社の中を覗くとすごく小さなお地蔵さんがいて、日航機123便の事故の日付等の詳細が記載してありました。

写真の中央のところが墜落現場だそうです。
墜落の衝撃のせいで山肌も未だ抉れたままです。

虫の音が鳴り響く中、山に向かってそっと手を掌わせてきました。

そこから進んですぐのところ長野県堺につき・・・・・

あっという間の峠に到着。
それにしても虫の鳴き声がすごい。
飛び交ってる虫や纏わりつく虫もいれば木陰でホバリングしている極微の羽虫の集団さえも。

夏が近づいてる感じがします。

一息するにはいい場所だなぁ。なんにもないけど笑
ちなみに自販機とかもないですよ。
平日というのもあるけどバイクも通らず、軽トラが稀に通り過ぎていくだけ…

少し休んでから下っていきました。

長野県側は新しく綺麗に舗装された道になっていました。

急なヘアピンカーブも少なく、比較的ラクに下っていけました。

ということで、ぶどう峠。
標高1500mとはいっても峠までも長過ぎず。
路面状況も良くないところもあるけど、険しすぎることなく比較的走りやすい道でした。

道幅はほぼ1.5車線でそれ程狭くはなく、特に長野県側は開けていて暗い感じもなく、明るい山道を走っていく感じでなかなか気持ちよかったです。

ここから長野県道2号線に入りR140から佐久市方面、田口峠へ向かいます。

 

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA