妙義山〜碓氷峠〜北軽井沢〜二度上峠❷

湯の沢トンネルを通り、下仁田へ。
走っていくとR254『下仁田』交差点にぶちあたるのですが、ここでは左折で妙義山の方に向かいます。
右折すると富岡製糸場がある富岡方面に行けるようですが、寄らなくていいかな。

r51に入りその後分岐にてr196へ。

この時点で12:40。当初の予定より一時間以上遅れました。
先を考えると長いなぁ〜、しかもなんかこの辺で小腹も減ってきました。とにかくこの先の「道の駅 みょうぎ」でなんか食べれればいいかな〜。

妙義山

しばらく走ると妙義山が見えてきた!岩山なのでちょろっとしか見えなくてもすぐにわかりますね。

この山はですね〜凄いですね。独特で日本の山っぽくないのだな。

中乃岳大駐車場につきました。それにしてもゴツゴツした岩山に圧倒されますね。そういやこの手前でヤエーしてくれた人がいました。
妙義山はこのツーリングいく二日前に山登り好きな友人が登ったばかりで、登る前に「妙義を登れば上毛三山は制覇することになる」と仰ってたよ。その友人いわく妙義山は滑落死亡事故も多く、かなり難易度高い上級者向けの山なんだそうな。確かに見るからに普通の登山が難しそう。。
ただ上級者向けだけではなく一般の人達でも登れる登山道もあるので、初心者は無理をしなければそれなりに楽しめるみたい。にしても、土曜日のせいか観光客ばかりでパーキングはいっぱい。休もうと思ってた「道の駅 みょうぎ」も激混みで、駐車しようとしてる車が何台も並んでるのを見てスルー。

うぬぬ。腹減ったよぅ。。昼飯はまた先送りです。

もう少しじっくり妙義山を味わいたかったし、写真も撮りたかったけど、所々にある絶景の撮影ポイントも駐車してる車で詰まってて停めることも出来ず消化不良。

しかし観光地になるのは当たり前だろう、個性的な素晴らしい山ですね。

碓氷峠

ここからR18に向かい碓氷峠を通るのですがこれがまた色々と驚きの連続…カーブが184箇所もある何気に凄い峠です。
まぁ、皆さんご存知だと思いますが、一応。

このくねくね道の連続っぷり。

峠に入って割と最初の方で見れる碓氷湖でひと休み。紅葉綺麗。
このツーリングいく前にですね、ちょいと幾つかの通る峠についてぐぐってみた訳です。

これも大抵の方はご存知かと思われますが「○○峠 心霊」ってセットで検索に上位で出てくるんですね!
それに好奇心で調べたついでにそういうサイトも覗いちゃうわけですが(アホ)。先ほど通ってきた定峰峠も志賀坂トンネルとか御巣鷹周辺は勿論、妙義山までそりゃネタがたくさんありましたわ。

しかしなんとなくこういう心霊ネタって怖いもの見たさで気にはなってしまう。心霊スポットに勇んで行く程オカルトマニアでも何でもないけど、ちょっとヤバい所は私自身なにか感じてとってしまうところが多々あるのでなるべくなら変なところは通りたくない。

けどツーリングには心霊スポットネタになりそうな山やトンネル、峠は避けて通れないからなぁ。

峠に心霊ネタはつきもの

と思って気にしなければよいとのことですが。

この碓氷峠も
「首なしライダーが追いかけてきたらどうしよう」

と内心ビビってたけど(アホ)あまりにもコーナーの連続で必死に走ってたので、そんなもの感じ取る(考える)余裕もなかったという。
それにしても首なしライダーの話って色んな所で現れるような。
ある意味都市伝説なんだろうか。

途中の有名なメガネ橋。古めかしくてよい雰囲気。散策したかったけど時間ないのでまた先を急ぎます。

カーブの標識が「C=1」でスタートしてからの「C=120」「C=121」…「C=152」…「C=153」
…と続く度ま、まだ終わらんの?って感じでしたよ。

飽きてきた

慎重に走らせやっと「C=184」の標識がある最後となる184番目のカーブを通り長かった碓氷峠区間も終了!やったー。それにしてもこの碓氷峠をドリフトとか攻める人は凄すぎる。

北軽井沢

碓氷峠を越えてこの先で長野県に入ります。軽井沢町までの下りもさぞ急勾配の道だろうかと思いきや、わりとすぐ目の前に軽井沢の市街が広がっていたりするからちょっとびっくり。

っていうか……寒い!!

腹も減ってたから軽井沢でなんか食おうと思ったけど、このあと北軽井沢まで走って二度上峠から榛名山までと考慮すると時間もない…。またしてもセーブオン寄ってピザまんとおにぎり買った。さみちい。

それにしてもほんとに寒いな〜と思ったら

6度!

本来だったら有料道路だけど、白糸ハイランドウェイでも通ってみようかと思ってたけど時間なくてここも諦めました。

中軽井沢からR146を北軽井沢方面へ登ることに。

二度上峠

R146の「北軽井沢」交差点を軽井沢方面からだと右折。
そのままr54に入り標高1390の二度上峠を越えていきます。

この二度上峠を通るときに時間は既に14:30過ぎ。日も短くなってきてるから、夕方まではいかなくても太陽もだいぶ降りてきてなんとなく心さみしい。

それにしてもほんとこの峠の時は全然人もいなくてですねすれ違ったのもカブに乗った郵便局のおじさんと車3台。。ヘアピンカーブも続くところもあったり道としては悪くはないと思うけど。

なんか無性に早く降りたくてしょうがなくてですね。

止まって写真を撮ろうという気がおきなく。
浅間山が見えたり景色はなかなか見ごたえある峠だったけど、どうにも気持ちが凄く寂しくなってきたのです…

なんというか、凄く悲しい気持ちになって。。 。


精神的に無理でした。
せっかくだからと、なんとか気合で撮ったのはこの時だけ。
撮ったあとはせっせとバイクに乗りエンジンをかけ、この場をすぐ立ち去りました。

「嗚呼、早くこの峠を通り過ぎたい!!!」

という衝動に駆られたのです・・・。

もう峠にたどり着いた後はせっせと降りるのみです。
とにかく降りたときの安堵感…………なんだったんだろう?

 

コメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA