menu
archive

定峰峠〜志賀坂峠〜上野村❶

久しぶりにちょっとした距離を走ってきました。
つーか寒い!ですね…晩秋です、ほんとに。

関越の東松山で降りて、東秩父方面、群馬に入り軽井沢まで行き群馬に戻るという今回のルート。理想は最後に榛名神社でお参り。

さてさて間に合うかどうか。なんとか朝四時に起きて出発したのは5:20。
首都高は使わず関越の練馬ICまで下道で向かったのですが朝も早いしまだ暗く、空気はひんやりしてて気持ちよかった

…ってまだこの時点では。。。

6時ちょい前に関越入ったけどちょーーーー寒い!!

ガチガチで指先の感覚が鈍ってきて耐えきれず・・・さすがにやばい、と途中の三芳PAに寄ってカイロ貼り付けグローブの下にさらに二重に手袋して。また温かいお茶を飲んでから再出発。勿論冬のジャケ着てるのですが、もっとインナーも着込んでくれば良かったと少々後悔。しかしまだこの寒さは序の口。もっと寒いのを味わうハメになるのはさらに後のこと。

東松山ICで降りて、R254を走り群馬r11に入り最初の峠、東秩父村の定峰峠に向かいます。

CONTENTS

定峰峠

朝だし土曜のせいか車も少ない… 天気いいなーー!ツーリング日和じゃ!

くねくね道の定峰峠も車2〜3台にロードバイクと一度すれ違っただけで、全然人もいない。やっと峠の茶屋のところまできても店もやってないし、誰もいなくなんだかさみしい感じ。

私だけ…

シーーーン
寂しい空気が流れてます

間違えてこっちへ行きそうになったwここからはオフロード車専用ですね。

けっこうくねくね度は高い峠でしたが気持ちよく走れた。たまに見える景色はまぁまぁかな。下るとき数回ちらちらと秩父の町並みが見れた。
この峠では途中何度かレッカーサービスの会社の看板が立ってたけど、レッカーされる車が多いのだろうか…。

こんなところで何かあってはシャレにならん。

峠も降りて秩父の小鹿野町を超えて群馬へ向かいます。その前に朝飯食べてなかったので、セーブオンに寄って肉まんと揚げ餅買って食べた。うまー。

この辺になると朝も早いのにバイクもよく見かけるなーー

しばらくR299を走ります。

空と標識が同じくらいのブルー!いい天気ですな〜。

ところで紅葉シーズンもちょっと逃したと思ってて全然期待してなかったけど、所々見れてる気がする。。得した気分!

志賀坂峠

志賀坂峠はご存知、埼玉と群馬の県堺にある峠で、志賀坂トンネルを越えたら群馬に入ります。
トンネル超えてからすぐある群馬県標識のところで写真でも撮ろうとしたけど、忘れてしまった。

そこからしばらく走ると「さざなみの岩 恐竜の足跡」という、ちょうど道の下りの角の岩壁に恐竜の足跡がありました。

この足跡は日本で初めて発見された足跡だそうな。ふむふむ。

注意深く見てないと見逃す…とはいえ。
先に駐車場があるから停めて戻って見れるので問題なし。

じっくり見るのは1回だけでじゅうぶんですね。

看板の近くにボタンみたいなのがあって、押すと恐竜の足跡についての説明の音声が流れるんだけど、聞き取りづらかったからその場を放置して後にしてしまった…

この辺になると紅葉もなかなか綺麗。
真っ赤な紅葉があると映えますね。黄色もいいけど紅葉は赤が混ざるとほんと綺麗だな。

途中恐竜センターとかがあった。

この恐竜、顔がビミョーでしたわ〜(^^;

まだまだR299を走り上野村に着き「道の駅 上野」で少し休憩。
バイクも数台止まってたかな。この時点で10:40くらい。
予定より少し時間も押してるかな。

上野村の慰霊の園

群馬県多野郡上野村はいうまでもなく、日航機(日航ジャンボ機)が墜落した場所───御巣鷹山のあるところです。
若い人は墜落事故のことは聞いたことあるくらいなのかな。ジャンボ機というのも今はもうないしね。

事前にルートの下調べをした時にこの辺を通るのは分かってたものの・・・慰霊碑がある場所はツーマップにさりげに載ってるもののよく分からず。そして何故かGooglemapにもよく見ないと表示されないという。

気になりつつ特に寄る予定もなかったのですが…

しかし途中『←慰霊の園』という案内の看板が目に入り、なんだかまるで吸い寄せられるかのようにその場所へと向かっていました。

この事故の時は子供ながらによく憶えてます。

近所の男の子のお父さんが乗ってしまい、お亡くなりになられたというのもあったし。
高校の時の同級生とその家族が乗る予定だったのに、なんと直前にキャンセルして助かった

というのを聞いた時は人の生き死にの運命というのは、ほんと紙一重なんだな…とつくづく思ったものでした。

その同級生は助かったけどキャンセル待ちしてた人達は・・・

この牌に名前が刻まれてると思うと・・・

しん、としてとても静かな所でした。そしてなんというか…空気そのものが浄化されてたように感じました。
マッチとお線香と蝋燭があったのでお線香に火をつけて、手を合わせお参りしてきました。犠牲になられた520人の尊い命を偲んで…

合掌「慰霊の園」と墜落現場の御巣高の尾根にある「昇魂之碑」は別の場所にあります。

墜落現場はここから8km離れた山奥です。
さすがに時間もなかったので寄りませんでした。

いずれまた機会があればと。
ここで時間も食った割にはまぁ寄ってみてよかったかな。

来ようと思ってなかなか気軽に来れるもんじゃないし
またそういう場所でもないし。


慰霊の園を後にして。。

下仁田方面へ向かうためにまた299へ戻るのですが、ナビがどうも違う道を案内するのですよね。

一回目は道を道の駅方面に引き返され・・・
2回目はr45に行きたいのに手前の信号で何回も左折させるのです。

ナビの音声は頑なに御巣鷹の尾根方面の左に誘導するのです。

2回も小さな橋を渡り迂回して、おかしいなと。

無視してなんとかr45に入りました。
今思うと不思議な出来事でした。

帰ってナビを見たら、普通に下仁田方面へ進むルートになってたから。

墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便 (講談社+α文庫)

墜落遺体 御巣鷹山の日航機123便 (講談社+α文庫) [文庫]飯塚 訓講談社2001-04-19


日航機墜落事故関連の本で個人的にオススメの本は墜落遺体です。

ひとこと言って、壮絶すぎます。涙が出てきます。
ここでお勧めするのもなんですが。

サクサク読めますし、一度でもいいので機会があったら読んでみてください。

この記事を書いた人

食堂・侘寂温泉・走って楽しい道の三点三昧ツーリングをしてる女ソロライダーです。

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
CONTENTS
閉じる