menu
archive

早朝の渋峠を走る

数年ぶりに志賀草津道路を走ってきました。

渋峠を朝早くに走ってみようかな、とふと思いまして。
連日超猛暑の東京に比べれば涼しいし、標高地の高いところで涼を体感しに行こうというところです。

思い立ったら、避暑地へGOです。

出発は0時過ぎ。普通に夜です。
渋峠は長野方面からアクセスします。

昼の茹だるような暑さに比べれば、やっぱり真夜中の上信越、結構涼しい。
土日はともかく、平日の真夜中のSAも何気に人がいるもんですよね。。

高速を降りてコンビニで久々のカップラーメンを食べる。
こんな時間に。。この背徳感・・美味く感じる🤤

ダイエットはどうしたって?まぁ例によって太りにくくなっているのでこれくらいは大丈夫です、フハハ。

4時20分頃。少しだけ、空が白み始めてきました。
気温19℃!

そして夜明け。東雲色の空。
日が昇るのが早い。

標高2000m!
下界に比べこの涼しさ、サイコーであります。横手山ドライブインから見える山々の景色は綺麗だけど霧で全く見えないので残念ながらスルー😔

車バイク、誰もいない!わーい 快適!

にしても、凄い霧です。
周りの木々以外なんも見えません。

渋峠ホテルを超え、国道最高地点に着きました。

お馴染みの国道最高地点の碑。まだ5時前。
私の他に雲海撮る為に待機してるカメラおじさんが数人いました。

少し青空が見えてきたものの、霧が濃くて芳ヶ平もまだ見えません。

そのまま下るのも危ないし、霧の中を走ってもしょうがないのでバイク降りて少し散策します。とりあえず渋峠ホテルと国道最高地点の駐車場の間の道をプラつくことにしました。なにもないけどね。。

霧の中の太陽。真っ白な中に太陽がくっきりとして、幻想的。

いやー、涼しいです。快適すぎます。

標高が高いだけあって、15℃。
下界の半分以下って。涼しい中15分くらいプラつきました。

そして最高地点駐車場から。
霧で全く見えなかった芳ヶ平が既に見えてました。

そして遠くには雲海。おぉ、なかなかに綺麗。

パノラマ

ああーーーー良いものが見れました!(⌒▽⌒)

霧も引いたし、あとは下ります。

スクリーンが少し曇ってる・・・
外気とバイクの発する熱の温度差のせい?

これでもまだ5時半!

人のいない志賀草津道路。いいねー!!

空気も新鮮!
景色もよく気持ちよく走れました。

志賀草津道路は、いい道ですが王道すぎてツーリングで行くにしては‌あまり惹かれない(失礼)というか、車やバイクがやたらと多いイメージで滅多に走ろうと思わないのですが‌

けどこういった時間だとOKですね。楽しかったです。

へんな所であまのじゃくな私…(¯∇¯٥)

“万座三叉路~殺生”区間は通行止めなので、、、

このまま万座ハイウェーを通りぬけます。

うげ、ここはぼったくりの有料道路だったっけ😑と思いきや。料金所で「そのまま走り抜けていいよ」的な合図を貰ってびっくり。何故かサービスしてくれました。

え?なぜ?早朝だから?やったーー740円浮いた!


ほぼ寝てないでここまで来たので、かなり疲れてる・・・

この際近くの草津にでもよって温泉入ってきます。ほんとは万座温泉でも、って思ったけど早朝すぎて営業してません汗
念の為にシートバッグ変えて温泉セットを持ってきて正解。

県道59号、さわやか街道駐車場にて。このあと道の駅のベンチで少し仮眠。

草津温泉の「大滝乃湯」の合わせ湯。
オープンと同時に入ったので一番乗りぃ〜♨

クーラーの効いた休憩室で少し寝ていきました💤。

帰りは中之条町経由、榛名湖を通り高速乗りました。

とにかく最悪だったのが下道より高速・・・暑すぎでした。
シールド開けたら熱波がぶわぁぁぁ〜って‌

ここ最近の猛暑、去年より暑くない?
連日35℃以上って・・・人間が活動できるレベルの暑さじゃありませんて。

猛暑日の昼間のバイクはヤバいですね。
チャリだったら、日陰があればさっと逃げれるし、車はクーラーあるし。
バイクは・・・逃げ場がない😬

対策しないとマジで熱中症になりますね。
ヘルメット脱いだら顔が赤く火照ってましたよ🔥

バイク乗るなら日が落ちてからか、早朝じゃないと。。

渋峠の涼しさはなんだったんだ〜〜〜

温泉なんて寄らずにさっさと帰ればよかったものの、欲張るとろくなことがありませんね。。。いや、温泉よかったけど。

走行距離482.8km。さすがに遠い渋峠。

夕方前に帰り、即シャワー浴びてクーラーガンガン効かせた部屋で爆睡しました。

この記事を書いた人

食堂・侘寂温泉・走って楽しい道の三点三昧ツーリングをしてる女ソロライダーです。

guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
CONTENTS
閉じる