伊豆大島

先月下旬、東京から南に約120kmの島
『伊豆大島』に一泊二日で行ってまいりました。

フェリーとかではなくライフジャケットを身につけての小型のプレジャーボートだったのですが・・・

最初見た時・・・

「これで行くんかい?」

と思ったほど小さな屋根無しの船というか、ボート。。
大島まで結構距離あるような・・・

転覆なんかして遭難とかしないですよね(°°;)
と一抹の不安が過ぎりました・・・

普段海釣りをする人は慣れてるのでしょうが、慣れない私にとっては風をうける寒さと止まった時の暑さのギャップとの戦いでした。
あ、あと船酔いですね(||´Д`)o酔い止め飲んでたけど辛かった💧進んでる時はいいけど、止まった時のあの揺れる感じはかなりきますね。

なお

うえええええ〜(船酔い)

釣りのため途中何度か船を停めてたとはいえ5時間半も乗ってて本気で疲れました💧💧
島に降りてゲストハウスやらレンタカーの手続き等を終わらせてから・・・私以外の人達は釣りをしにまた海に行ってしまいました。

そして船酔いする私のみ18:30まで単独行動になりました。

・・・ということで✨

原付きを借りて大島を1周することになったのだ~~

原付で大島一周

大島は1周40kmくらい?
大島自体、伊豆諸島の中では1番大きな島ですが、島自体は大して広くはないんですね。

そしてフェリーでもカーフェリーではないので250cc以下のバイクしか積めません。仮に大型バイクで行けても停めてじっくり観光でもしなければほんっとーーーーに時間持て余すだけのような気もします。

なんと信号機が5機しかないそうですよ?

あと何気驚いたのが、なんと大島で走ってる車が全部品川ナンバーなんですよね。
東京都だから当たり前なんですけど💧

島の玄関の一つ、元町港の近く『レンタサイクル らんぶる』というところで原付を借りることにしました。調べたところもっと安そうなところもあったのですが手っ取り早く近くのところにしました。

バイトなのかな?おばあちゃんが手続きをしてくれました。つーか手続きというか、保険とかもなく単なる住所や免許番号を紙に書いただけですが💧これでいいのかな?

この時12:40だったのですが、とりあえず1日フルで借りようとしたところ、なんと5時まで。125CCにしないの?と聞かれたけど50CCで十分!

大島の風景

島一周はまたまたいつもの時計回りでスタート。車がやけに少ないのだが・・・土曜なのに?

少し休憩~
海が良く見えるかって?そうでもないのですな、これが。

大島一周道路は島一周の割には海岸線なんてほとんど見ずに終わったような。
たまに海がちらちらと見えたりしましたが。
もちろん緑の多いところもあるにはあるのですが、ほんっとうーに何も無い田舎道をひたすら走るって感じなわけです。

こういうのも悪くないんですよね

そうそう、原付で半ヘルだからかな。
鳥のさえずりがやたらと聞こえるのです。

写真のような木のトンネルみたいな所を通るとやけにピーヒョロロロロロロ🐤🐦って耳元で聴こえるくらい大きなさえずり。木漏れ日の中、聴きながらのんび~り走っていて心地よかったです。

そして大島一周道路をしばらく走って・・・寄ってみようと思ったところに出ました。

三原山裏砂漠

日本は砂丘はあっても砂漠はない・・・と思いきや、なんとここは日本唯一の砂漠だそうな。
ここは前情報見て気になってた所でもあったのです。

ところで原付では走れないので裏砂漠の開けたところに出るまで1.3km歩かなきゃならんのです😑

この時サンダルだったので、小さな石ころが入って痛いのなんのって。
スニーカーでも履いてくればよかった・・・。けどボートで濡れるからサンダルの方が良いと言われたのでしょうがない💧

は、はひぃ~疲れる。。まだかな~。先は長い・・・距離感が写真じゃ分かりづらいですが、延々と同じ風景が続いてるように思えるのです。なんせ緑と黒と青空だけですから。

ぜいぜい、とだるそうに歩いてる様に見えたのか、後ろから軽トラが来て上まで乗ってく?とおじさまが声掛けてくれたのでご好意に甘えて軽トラの後ろに乗させて頂きました💧

軽トラの後ろ、楽しいなぁ(´⌒ω⌒`)
ということで、あっという間について・・・

おー、なんという広大な。

視界360度ひたすらに黒い砂に所々に緑。不思議な感じがしますね。

あっ・・・ロードバイクの人達が・・・

軽トラのおじさん曰く、1時間くらいかかるけど写真でいう山になってるところをぐるっと歩くと気持ちいいそうです。
けどまだ先もあって時間が押してたし原付も返さなきゃならなかったので歩くのは諦めました。。

展望台もあるのですが、それはまた別の『月と砂漠ライン』のルートから行けるそうです。

そんなこんなで裏砂漠、じっくり味わえたわけではないですがここでしか見れない独特な風景が広がり不思議な所でした。

ここは原付は無理ですがオフロード車で走るとそれなりに楽しめそう。

筆島

あの原付きの先の岩が筆島だそうです。

『数10万年以上前の古い火山の中心部にあった硬い岩が、周りを波に削られて尖った形になりました。』
『この景観は子孫に残す遺産です。筆島海岸は「東京の史蹟名勝」「日本の渚百選」に指定されている景勝地』

これだけ読むと、おーそうなんだ凄そうだね、と興味を掻き立てられますが・・・何も知らずに見ただけなら本島でも変わった岩なら沢山あるよねぇというかうっかりスルーしそうな岩です。
もっと間近で見れればよかった。

波浮港見晴台

筆島のあとは、波浮港見晴台へ。そのまま道なりに進めばOK。

トコトコ原付走らせ・・・着きました!
碑に景勝と記してあると期待しますが

 

う、うむ。まぁまぁかな(^^;;
とりあえず先を急ぎます~💨💨💨💨💨

クダッチ?????変わった名前ですなぁ。

調べてみたら、大島の南部は“間伏(まぶし)”、“差木地(さしきじ)”、“波浮(はぶ)”、そして“クダッチ”の4つの地区があるらしい。クダッチはまんまだけど他はちょっと読みにくいね。

ブイブイと走らせ・・・不思議なくらい車が通らないなぁ~💧

地層大切断面

ここは、大島の中でも私的にはなかなか見応えがありましたよ。大島一周道路を走ってれば必ず見ることができます。

すごーーーい!!まるで巨大なバームクーヘンみたいです。

まさに地層の断面図。端から端まで800mもあるので結構な迫力がありますね。

それにしても、この地層大切断面。伊豆大島のジオパークのかなり見所ポイントの一つだと思うけど近くによって見ると立ち入り禁止となっていて、柵がしてあるのよね。
説明も二か所くらい道路際に立っているのみ…。
迫力もあるのに見所としてもちょっぴり寂しい感じがします。

大島一周もそろそろ終わり・・・

元町港へ戻ってきました。この時点で16:45。
原付き返さなきゃいけない17時には余裕で間に合いました。

ところで。
元町は大島の中ではひらけたところのはずなのに?すごーーーく静か・・・
いかにもお土産屋っぽいお店はレンタルサイクルの店の前に2軒ほどあったくらい。

職場の皆にお土産買うのも、原付き返した後ゆっくり物色しようかなぁと悠長に考えてたら
シャッターの閉まる音が・・・かろうじて開いてるもう一つの店で慌てて買いましたよ💧

 

とりあえず、こんな感じで大島。

何かが、惜しい島のような気もします。
土曜なのに人気のなさ。

町全体で島おこししてます!って感じでもなく。
コンビニ1軒もないのはしょうがないとして・・・ほとんどのスーパーも19時閉店。
飲食店がまとまった様な場所もなさそうだし。。リゾート感はないですな。
観光地としては、なんというか、ちょい地味なところですね( ̄▽ ̄;)

そこがいいのかな?

大島をとことん楽しむなら、ダイビングや釣り、ロードバイク等やサイクリング。
目的持って行くなら楽しいかも。

原付きで回ったけど、朝早くから一日フルで回れるのなら自転車でもよいかもしれませんね。

もしくはマイバイクでオフロード車をお持ちの方は行ってみても楽しいかも知れません。裏砂漠あたりを走り回るとか?そういう楽しみ方が出来ると思います😀

ということで大島原付ルポでした~

 

コメントを閉じる

2 COMMENTS

にゃおこ

そうなんです、まさにスズキづくしで原付もレッツ4です笑 チョイノリだったらよかったのになぁ、なんて。バームクーヘンは絵になりますが柵が邪魔ですね💧行きはともかく帰りは雨ざらしで帰ったので大変でしたよ💧

返信する
通りすがり人

スズキのエンジン積んだボートで島に渡って、スズキの原チャで島内とことこされた、カワサキニンジャ乗りの方のブログは、こちらでよろしかったでしょうか
(´・ω・`)?

なんて
( ̄0 ̄;)
断層~
夕暮れ時に、相棒横付けにパシャりと1枚…
絵になりそうな断層ですね
(*´・ω・`)b
あ…
船載せれない
(ーー;)

ところで…

離島ツーリングの方のブログは、こちらでよろしかったでしょうか
(・_・?)

…しつこいですね
( ̄▽ ̄;)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA