menu
archive

創業50年の・・・

家から近場の老舗食堂に行った。

来てる客は地元の“常連オヤジ”ばかり。笑
この店はドラマ版『孤独のグルメ』『吉田類の酒場放浪記』にも取り上げられ、ここら辺では有名みたい。味もそれなりにイケるし、ボリュームある割にはとても安い!

店内はまさに昭和的大衆食堂ていう感じかな。食堂というか飲み屋そのものですが。。
タバコふかしながら酒飲んで団欒してる地元の呑兵衛オヤジ達がいたり。。

店内のありとあらゆる物が古くて、まさに店内は古き良き昭和時代の食堂の風景そのもの。

いいですねー、こういうの。。

けどクチコミを見てみると評価がいいのもあれば

『喫煙者が自重しない』『煙草の煙で台無し』とか・・・

そういった厳しい声も目立ちますね。
この昨今の嫌煙・禁煙ブーム時代。

喫煙については様々な意見があるし、それは、それはとても、わかるけれど。

昔の馴染みのお客様を配慮して喫煙可にしてるだろうし
何十年も前の喫煙が当たり前だった時代に出来たお店で
「時代に遅れてる」であろうとも全面禁煙を求めるのは厳しいかなぁ・・・

なんて。思っちゃダメ?笑
古い店だから大目に見て、とかじゃないけど。

昔ながらのアルミの灰皿が置いてあったりする。。
煙草が似合う“ 超・昭和 ”な大衆食堂というのもまだまだ残ってていいと思うんだよね。

時代の流れとともにそういったお店も今や数少なくなってきてるのだから。。。
個人的にはそこまで目くじら立てなくてもいいかなぁ、と思ったりします。

堅苦しい話になっちゃいましたが。ここ最近ご近所の飲み屋含め、知らない飲食店を巡るのがちょっとした楽しみになっています。
中が見えない小さな飲み屋は入るのに勇気がいりますけど…笑

 

この記事を書いた人

食堂・侘寂温泉・走って楽しい道の三点三昧ツーリングをしてる女ソロライダーです。

guest
6 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
CONTENTS
閉じる