白き羽二重につつまれて

とある先日
私はある和菓子を食べようとしていた

目の前にあるのは
雪のように真っ白な羽二重餅

さあ、待ちに待ったこの瞬間(とき)
いざ食さん─────────────

と、口にする前に

まずは一旦落ち着こうと一呼吸おく
早まってはいけない

味わう前に中身はどんなものか
鑑賞するのも和菓子の楽しみなのだ

半ば心を落ち着かせつつ
期待に胸を膨らませながら羽二重餅の中をそっと開く

目を引く白と紫の美しいコントラスト
柔らかい餅生地に包まるチーズケーキ
そしてブルーベリージャムにつぶ餡という
和と洋の紫色が混ざり合い味わい深い姿を魅せる

口に入れた瞬間ふわっと
溶け落ちてしまいそうな柔らかさ

チーズケーキの程よい甘さとつぶ餡の存在感
口の中で弾ける甘酸っぱいブルーベリー

それらが絶妙に絡み合う
巧妙な味わいに衝撃を覚えてしまった

ひと口惚れとはまさにこのこと

2、3口と食べ終わった頃

この羽二重チーズにすべてを持ってかれたのよう
私はただただ恍惚とするしかなかったのだ────────

どうもです。

って、なんのブログですかこれ?
っていう初っ端からスべった入りですみませんw

そうです、食べたのはこれです。⬆️

めちゃくちゃ美味かった、この和洋折衷スイーツ『 羽二重チーズ 』。

ツーリング先でゲットした極上スイーツを、敢えて詩的チックに感動を伝えたかったのですが何コレ難しい(笑)表現を盛り盛りにしすぎて収拾つかなくなりました(:D)| ̄|_

『 菓子処 いい村 』

感想はこの辺までにしておいて、まずはお店で買った時のことを少し。

羽二重チーズは栃木県茂木町にある和菓子屋 『 菓子処 いい村 』 さんで購入したものです。

看板商品なんでしょうか。

期間限定で、羽二重いちごは1~5月羽二重チーズは10~12月。
まさに今は羽二重チーズの時期ですが、とくに羽二重いちごが人気らしい。そちらも気になります。
どちらも確実に手に入れるには要予約、ということですね。

お店に入ると「はい、いらっしゃい」と奥からおばちゃんが出てきたので、羽二重チーズを予約したい旨を伝えました。同じ様に予約する人が多いのでしょう、慣れた感じでパッとメモと鉛筆を出してきました。
予約しようが1つくらい買ってすぐ食べてもいいかなと思ったけど、楽しみはあとに取っておくというのも乙なものです。

そして無事に予約も済んだ私は、安心してそのままツーリングを続行したのです。

 

■菓子処 いい村
■〒321-3531 栃木県芳賀郡茂木町大字飯2275-1
■TEL: 0285-65-0068
■FAX: 0285-65-0568
■営業時間: 8:00~18:30
■定休日: 不定休
■主要商品:四季折々の和菓子
■料金・価格:75円~(100円前後)
■交通・アクセス:北関東自動車道
・真岡IC ~40分
・笠間西IC ~40分

『 食べに行く 』のを目的とせず、ツーリング先で予約して、走った帰りに取りにいくという『 お持ち帰り 』をするのは、初の試み。ラーメン等美味しいのを求めてバイクを走らせることはあるけど、和菓子🍡お持ち帰りは、まぁなかったですよね。

そんなこんなで、栃木県の右サイド「茂木町・那須烏山市・那珂川町」周辺を走ってきたのですが、ツーリングそのもののネタは次回に。。

 

コメントを閉じる

4 COMMENTS

なお

@ぶいさん

「なんだこれはぁぁぁ───ッ、ンマイなあああッ!!」

と『 ごま蜜団子 』を食べる東方定助(8部)ばりに
心の中で叫びました。

口から噴出はしなかったですがw

返信する
ぶい

茂木の羽二重はァァァァァァァァアアア
世界一ィィィイイイイ
(`・ω・´)ゞ

やれやれだぜ
(-。-)

のような組み合わせですね
(*´・ω・`)b

(。-∀-)

返信する
なお

@250スクターさん
まさに!✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。
美味かったですよ!

風呂上がりに食べた
冷えひえになった羽二重チーズ!

ダイエット?んなの忘れてましたw

返信する
250スクター

ぅおおおぉっ!深夜のスィーツ!
キターーー(°∀°)ーーーッ !
、、、10個ぐらいいけそうな、予感(´Д`)笑

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA