東北 3日目 お宿編 玉勝温泉別館 【 上北温泉郷 玉勝温泉 】

着いたのは19時近くだったかな。

晩御飯も行きたいお店があったのにまたしてもお休みしてて、ご飯食べるタイミングを逃してしまったわけで泣、
結局コンビニで買い出しすることになってしまいました。

あとは酒とつまみを買い込んで。あーそれにしても疲れた・・・お風呂に入りたい。。

CONTENTS

玉勝温泉別館

着いた先は『玉勝温泉』。地元の人たちでいっぱいでした。
この建物の道路挟んだ向かいに『玉勝温泉別館』というのがあって、今宵はそこに泊まります。


最初入った時に、どこにフロントあるのかなとうろうろしてたのですが、、真向かいの温泉ある玉勝温泉の館へ行ったらフロントにはいかにも『田舎のばあちゃん』って人が座ってて(笑)宿泊の利用と名前告げたらあっさり鍵を下さいました。

よかった。バイクは温泉の駐車場に停めていいらしい。他にないしね💧

そして、温泉込みで2,500円!

またしても、お得感。とりあえず荷物を部屋に置くために、別館に戻って落ち着いたら入りに来よう。。。

そして別館に戻り、上がってみたところ

こんなものが~~

黒板!

しかも私の名前がちゃんとあった。これはある意味衝撃的でした。

ほかにも4名いるらしい。

入口においてある靴見たら、皆男性客でした。女性客は、、まぁ、ないだろうなぁ~

それにしても、このレトロな感じ。。


部屋のドアにはご丁寧に私の名前が入った札があったり。これにもびっくりした。w
ちなみに子窓からは中は見えないようになってます。なんか貼り付けてあった笑


部屋はこんな感じです。いいねーーーこういうの。
たまらないかも。味があるなぁ。。

ブラウン管とか、、懐かしす。

この昭和感。私は大好きですね。
ただ唯一の難点は電波がいまいち良くないことかな笑


料金表。

古すぎるのかタバコの煙で茶色になってるのか?わからないけどすごい年季の入りよう。湯治のお客さんもよく来るのだろうか。

それに温泉もよかったです。心身ともに休むことができました。レトロな雰囲気で浴槽をコの字型に囲むようにあって、広い。

ただドライヤーは3分たったら切れるというお金入れる式なので私のような長さだと1回で乾かない・・・( ̄▽ ̄)


ということで玉勝温泉別館。よかったよかった。ここも、気に入った!

あ、あと余談ですが。朝出発時、慌てて出たのか大事な指輪を置いてきてしまったらしく。
ない!とあとに気づいて。

がーん(“-..-)…と。

どこかで落としたのかな?とか、迷って電話してみようかどうしようと思ってたところ。

夕方あたりに向こうから電話くださって、後日送ってくださいました。

声からして年配の男性っぽかったかな。
電話先だし、なんせ口頭だったから自分の名前と住所の漢字やマンション名とかなかなか上手く伝わらず、大変だった笑

馴染みのない土地の漢字なんて分からないですよね(¯∇¯٥)
私も遠い土地の漢字とか分からないし、読めないなんてしょっちゅうだよ。
とくに土地勘のない県の高速のICとか、読めません笑

なぜか取っといてあったり。これも記念かな?笑

それにしても、助かりました~o(_ _)o✨
また機会あったら泊まりたいなぁ。

4 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
CONTENTS
閉じる