menu
archive

佐渡 2日目 ❷ 3日目最終日

 

どうでもいいことですが・・・半島や島の海岸線を走る時って
通常、時計回りか逆回りかどちらかですが

私の傾向は・・・日本海側は時計回り。
けれど太平洋側は反時計回り。。

何故?かなーーーって。

わかりやすい例えだと
房総半島だったら内房から外房、とか・・・。
伊豆半島だったら西伊豆から東伊豆に移動とか
まさに反時計回り。

あ、でも紀伊半島と四国は時計回りか。。

内陸は基本時計回りか?

自宅の方向や目的地等、また環境にもよるけど
自分のしっくりくるパターンってあるはずなのよね

たまたまなのかもしれないけど
なんでだろう?

不思議だなぁ~なんてささやかな疑問。

近くに住んでて何回も走れれば、いくらでも試すけど
遠くだと「今度は逆方向」なんてのはなかなか出来ないんだよね。
違う発見があったりで楽しそうだけど。

能登の時もそうだったけど東側の海岸線は、何かさみしい。
たまたま時間的に道に陽があたってないからなんだけど・・・

今回の旅でも朝早く東側(内海府)から西(外海府)に向かって、朝日を浴びながら走っていれば、また違う景色に見えたのかな~なんて思った。

そして夫婦岩の方に出る時には、もう夕焼けになってるとか。
それはそれでよさそうなのよね。。

 

内海府海岸線に入って、車もほとんど走ってなくさみしかった。。

写真じゃわかりにくいけどけど、時折差し込む光が綺麗で停まってしまった。

数分だけ光が差し込んでた。

CONTENTS

日蓮聖人佐渡銅

両津港周辺についた時。時間も余ったし、何処かないかな〜と地図を見て拡大してみると、思わぬところを発見。遠くなかったので向かってみました。

わかりにくい道に入って畑のところに出るとあります。。

なんかただならぬ存在感が・・・!

そう、でっかい黄金の日蓮像でございます。

・・・これはなかなか見応えあっていいですよ!

わりと新しい所なのかな?寄ったかいがあった~~。
真下に行くと、日蓮像としっかり目が合います。

なにか心を見透かされてしまいそうなそんな気持ちになってきます。(大げさ?)
座って休める場所もあるし、時間あったら是非寄ってみてくださいね。

ファンタオのチーズ坦々麺

 

疲れもたまって、さぁ、夕飯。
どこにしようかとR350を走る。
そしてスーパーに寄って酒を買う。もう外も暗い。

もうどこでもいいかなぁ~と、スーパーに隣接してる中華料理店に入ることにした。
そこがですよ?

店に入ったら地元の人たちで賑わっていて、店内も煙草の煙でちょっともやっとしててあまり綺麗じゃないなぁ。。と思いきや

頼んだチーズタンタンメン・・・これが美味かったーーーー

都内にいればいくらでも有名なラーメン店なんて沢山あるし、もっと美味しいラーメンなんていくらでも食べれるけどこれがなんか、超美味しく感じた。。
旅先だからか?

単にとろけるチーズが入ってるだけなんだけど、辛さにとろけるチーズの組み合わせがたまらなかった。。

よい夕飯でした、ゲプゥ

佐渡といったら普通は海鮮なのだろうけど、ろくすっぽ調べてこなかったのでトンカツやラーメンなんぞに。
でも、まぁいいのです。どちらもそれなりに満足でした。

宿に帰って風呂はいって。
宿のおじさんが、明日は買出しに行くから、チェックアウト9時なんだけど8時半でいいかな?と言ってきた。

えーー・・・12:40出航なのにぃ~どう時間潰そう。。
まぁしょうがない。

次の日起きてから、おじさんは申し訳ないとコーヒーを入れてくれました。
少し喋って・・・そして予定通り8時半には宿をあとにしました。

出航までもうどこも回る時間もないから、R350沿いにある『蔦屋書店』に入ってる佐渡唯一のタリーズコーヒーで時間を潰しました。

なんか、うまい。都内でお茶してるみたい。。

 

最後に

今度はひとりじゃなかった。

お土産と昼飯。

さよぉなら~~佐渡。。

また同じ様に関越に乗って帰って。
そして走行距離トータルは・・・

984kmでした。
走行距離の3分の2は東京↔新潟の移動距離でした💧

2泊3日の旅も気負わずで気楽で楽しい。
佐渡も良いところでした。

真っ青な海と空、緑が印象深く残るツーリングでした。

 

 

この記事を書いた人

食堂・侘寂温泉・走って楽しい道の三点三昧ツーリングをしてる女ソロライダーです。

guest
4 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
CONTENTS
閉じる